2018年06月11日

Catch the Product Launch



ケタが変わるというのは、今までの売上が10倍になるということです。

年商300万円が3,000万円に、年商1,000万円が年商1億円になる。

そんな変化も、決して夢ではありません。

プロダクトローンチは、これまで実際に、多くの人の売上のケタを、変えてきたからです。

短期間で爆発的に売れるよう設計された科学的なマーケティング手法
これが、一番しっくり来る説明でしょう。

「無理やり売りつける」とか「ゴリ押しでセールスする」というのとはまったく違います。

人の心の流れに寄りそいながら、極めてスマートに、「あなたの商品が欲しい!」と思ってもらう。

そして、心から望んで、数万円、数十万円、数百万円の金額を払ってもらう。

それを、偶然ではなく初心者でも再現できるよう「科学的に」設計したのが、プロダクトローンチなのです。

>>>Catch the Product Launch

 

posted by サンロード at 10:31| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

風花言響(かざはなこだま)スーパープレミアムは、書く人の潜在能力までを掘り起こす「文章の書き方講座」の決定版



「風花言響(かざはなことだ)」は、効率だけを追い求めた、薄っぺらなビジネス文章論ではありません。もっと深く、広く、言葉の世界を耕し、テキストを読み実践してくださる人の可能性を掘り起こすための特別講座です。

「風花言響プレミアム」は「風花言響スーパープレミアム」にバージョンアップいたしました。

これまでの内容にスマホ対策に特化したライティング術として定評のある「風花香凛」の内容が加わり、さらにパワーアップ。

新たに加わった内容は以下のとおりです。

風花香凛(PDF版122ページ)の内容

1)スマホの普及は、危機か、チャンスか

2)スマホ読者の心理を深く読み取ると意外なヒントが

3)スマホ読者を逃がさないための「香凛視点」とは

4)誰に向かって書くのか?

5)何を、どのように書くか

6)スマホ対策でハマりやすい3つのワナと、その回避法

7)スマホ読者に読んでもらいやすくなる「記事構成法」

8)スマホ読者向けに記事を書き換えてみる

9)決めゼリフの挿入

10)要約(おさらい)の挿入

11)「繰り返し」の重要性

12)キラリと光る宝石に出逢うために

かつて大好評をいただいた伝説の企画「言響(こだま)プロジェクト」通称「こだま」を引き継ぎ、内容を大幅に加筆修正。

その名を「風花言響(かざはなこだま)」と改め、新プロジェクトとしてスタートいたしました。

>>>風花言響(かざはなこだま)スーパープレミアムは、書く人の潜在能力までを掘り起こす「文章の書き方講座」の決定版

 

 

posted by サンロード at 17:53| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

小さなサロンを繁盛させる経営講座「店長のリーダーシップ」



儲かるための経営をやっていますか?
本講座で貴方の課題を解決しましょう

実績の裏打ち!
これこそが継続的な繁栄の精髄!

今回の動画編集に際しては「何が本物か・何が真実か」に焦点を絞り編集しました。
「賢者は歴史に学ぶ」と言いますが、現実は多くの人が同じことを繰り返します。これは何を意味するのか。多くの人は歴史から学んでいないということになります。

その最たるのが「論語」であろうと考えます。論語は2400年以上も経つ歴史のある書物でありながら、現在に至っても多くの成功者が愛読しています。

もう一つ「陽明学」がありますが、日本人にも多大な影響を与えています。一例を挙げれば、多くの歴史的人物を生み出した松下村塾の創設者、吉田松陰も陽明学者でした。

陽明学は自らの行動や体験に密着した認識を重視し、なお実践を行って真の知的認識を得るとされるもので、言わば「実学」であり「知行合一」というものです。

これは本資料の支柱となる「石田梅岩の商人道」が伝える商の倫理を教え、実践を教化する思想と通じています。

つまり、これらの古典は実践的であり、時代が変わっても通用する普遍的真理であるため、
今もなお読み継がれているわけです。

私達が一度は聞いたことがある歴史上の偉人たちが、共に愛読していたと言われているのが「孫氏の兵法」で、歴史上の人物に次のような偉人がいます。

■先ず、本資料の支柱となる商人道を記した・石田梅岩。

■第一国立銀行や東京証券取引所を設立した・渋沢栄一。

■江戸時代中期の儒学者、思想家・荻生徂徠。

■戦国時代最強の軍団を創り上げた・武田信玄。

■日本海海戦の名参謀・秋山真之(さねゆき)。

■経営の神様・松下幸之助。

現在では、

■第二電電を創業した稲盛和夫氏

■ソフトバンクの孫正義氏

■マイクロソフトのビル・ゲイツ氏

その他にも数多くおられますが、研究をしてみると現在の偉人と歴史上の偉人との間には、共通点を見つけることが出来ます。

このように現在に活躍されている人の生き方に学ぶことは、成功マインドをインストールすることに非常に役立ちます。

同じ時代に生きていることに感謝しながら、豊かさを生み出す生き方を学ぶのは最も効果的な学習法と言えます。

現在社会はインターネットの普及によって、あらゆる事を簡単に学べる時代です。しかし、同じ情報に接しても「何も感じない人・チャンスと捉える人」と反応は様々です。

継続的な繁栄のために 「何を学び・何から始めるか」。

この資料が、短絡的思考ではなく本質を見極める感性を養い、皆様のサロン経営に、そして人生に活かされると確信を持って提供します。

本資料では、偉人の語録を多く引用していますが、今風に解説して分かり易くしました。

私達は、問題を解決するために様々な手段を使って答えを求めようとしますが、その最も賢い選択は歴史に学ぶことであり、ここに古典の価値があると考えるわけです。

言わば人類の叡智とも呼べる内容が、この偉人の語録には凝縮されています。だからこそ何千年もの間、読み継がれ語り継がれているわけです。

前置きが長くなりましたが、今回、再編致しました本資料が、これからの経営改革に挑戦される皆様にとって、少しでも繁栄の糧となれば幸いです。

>>>小さなサロンを繁盛させる経営講座「店長のリーダーシップ」
posted by サンロード at 00:35| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする